日本人の0.001%以下しか持っていない"もうひとつの"ビットコイン

当ブログはBSV(BitcoinSV)を応援しております

機械翻訳の壁を壊す!知る人ぞ知る次世代の機械翻訳とは

f:id:BitcoinSV:20200624094917p:plain

 

んにちは。

 

あなたは英語って得意ですか?

私は全然ダメですね。

読む、書く、話す、聞く、全てダメです。

ダメダメのグランドスラムですね。

 

はァ~~~(クソデカため息)

 

ところで、このブログ見てる人たちは

多分ですけど「英語苦手!無理!!」

って感じの一種のアレルギー反応が

出ているのではないかと推測します。

 

f:id:BitcoinSV:20200624095122p:plain

 

というのは、もし英語が得意なら

自分で海外の一次情報を取りに行って、

集めた情報を勝手に精査すると思います。

 

でも英語苦手な人は無理ですよね。

そこで、当ブログのような日本語で

情報発信している場所に辿り着く

のではないかと思った次第です。

 

それはそれで全く問題ありません。

 

 

今日のお話は、そんな海外情報を

自分から取りに行って理解するなんて

夢のまた夢と思っている方にこそ、

知ってほしいお話なんです。

 

f:id:BitcoinSV:20200624095234j:plain

 

ツイッターとかSNSなどでは、

海外情報を翻訳して発信している方が

数多くいらっしゃいますが、

可能なら自分で理解したいですよね。

 

ちなみに、そういうとき

あなたはどういう選択肢が

頭に思い浮かぶでしょうか?

 

恐らく機械翻訳だと思います。

代表的なのはGoogle翻訳でしょうか。

私もよく使っていました。

 

はい、過去形なんです。

 

今はもうGoogle翻訳はほぼ使わず、

違う機械翻訳を使っております。

 

なぜなら精度が全然違うからです!

 

f:id:BitcoinSV:20200624095411j:plain

 

Google翻訳って、基本的に単純な内容

であればほぼ問題なく翻訳できますが、

ちょっとスラングが入ったりすると

一気に文章が崩壊してしまいます。

 

【スラングとは】

ある階層・社会だけで用いる言葉。卑語。俗語。

要するに「草生えるwww」という内容は日本の

狭いネットコミュニティでは通用しますが、

翻訳したら意味も内容も伝わらないのと同じで、

今まで機械翻訳が超えられなかった壁です。

 

当然正しく理解できませんし、

下手したら間違った理解をしてしまう

危険性すら潜んでいるのが実態です。

 

ただでさえ仮想通貨の界隈は、

普通の英語とはちょっと違うみたいで、

慣れていないと難しいみたいです。

 

しかし時代の進歩というべきか、

機械翻訳の精度も上がってきており、

ついにGoogle翻訳を追い抜くレベル

の機械翻訳が登場したのです。

 

その機械翻訳とは・・・

 

DeepLです!

 

【公式サイト】

www.deepl.com

 

残念ながら現時点(2020/6)では

アプリがありませんのでブラウザ

からの利用になってしまいますが、

 

スマホならショートカットを

ホーム画面に入れておけば、

疑似的ですがアプリのように

他のアプリと並べれます。

 

f:id:BitcoinSV:20200624091851j:plain
※ちなみにTwetchもアプリが無いので

ショートカットをホーム画面に作って

SNSのカテゴリーでまとめております。

 

百聞は一見にしかず、というように

あなた自身で使ってもらったほうが

精度の高さは実感できると思いますので、

 

ツイッターかTwetchかどこかから

テキトーに英語のテキスト拾ってきて、

Google翻訳とDeepLそれぞれで翻訳して

比較してみると違いが分かると思います。

 

特に企業や公式アカウント系の内容より

個人が発信している内容のほうが、

スラングも含まれている確率が高いので

DeepLの本領が発揮されやすいと感じます。

 

もちろんGoogle翻訳でも意味は

なんとなく理解できるのですが、

細かい部分、正確性を求めるなら

個人的にはDeepL一択だと思います。

 

これにより、英語圏の情報がより一層

拾いやすくなることは間違いないでしょう。

 

あなたもぜひDeepLデビューして

BSVの海外情報をガンガン取れるように

使いこなしてみて下さい!

 

ちなみに有料版もありますが、

私は無料版で十分だと思っています。

 

ここまで読んで下さり、

ありがとうございました!