日本人の0.001%以下しか持っていない"もうひとつの"ビットコイン

当ブログはBSV(BitcoinSV)を応援しております

【後編】一瞬で相手にオカネとキモチをまとめて送れるウォレットのお話

んにちは。

 

※この記事は前回の続きです。

もし前回の記事を読んでいない方は、

一度お読み頂くことをオススメします。

 

www.bitcoin-sv.jp

 

今回はHandCashの具体的な操作

について色々書いていきます。

 

決して複雑怪奇なものではなく

文字どおり誰でも使えますが、

初めての方だとちょっと操作に

戸惑う点もあるかと思います。

 

私も実際色々触りながら

ひとつずつ操作を理解しましたし。

 

ですので、この記事では

各機能をひとつずつ見ていって

操作に必要な知識を覚えましょう!

 

 

f:id:BitcoinSV:20191018145115j:plain

 

これがHandCashのホーム画面です。

 

項目ごとに番号を付けましたので、

その番号順に説明していきます。

 

①メニュー画面切替

3本線のマークをタップすると、

メニュー画面に切り替わります。

下記画像のようになります。

 

f:id:BitcoinSV:20191018153032j:plain

 

話が前後して申し訳有りませんが、

メインメニューについてはあとで

細かく解説していきます。

 

②現在の残高表示

画像はドル表記ですが、【設定】から

各国の法定通貨に切り替え可能です。

私たち日本人は日本円にしましょう。

これもあとで詳しく解説します。

 

③ハンドル(ユーザーID)

HandCashでは、このハンドルだけで

アドレスが無くても送受金が可能です。

そしてこのハンドルは変わることがなく、

1人1つしか持つことができません。

(複数ウォレットを作った場合は別です)

 

④BitcoinSV受入

最初の状態では残高はゼロです。

残高を増やすためには購入するか

誰かから受け取るしかありません。

 

購入機能(補充する)は今日現在では

まだ【近日公開】になっているので

利用できませんが、(受け取る)は

利用可能となっております。

 

受け取り方法は3種類です。

1)ハンドルで受け取る

2)Paymailで受け取る

3)ビットコインアドレスで受け取る

 

オススメは1ですが、状況に応じて

使い分ければいいと思います。

 

ちなみにPaymailを初めて知った方は、

過去にPaymailに関する記事を書いたので

一度そちらをご覧下さい。

 

www.bitcoin-sv.jp

 

⑤おせっかい機能

未設定などがあると警告を出して

『設定しちくり~』とアピールして

設定を促してくる機能です。

設定を完了させると消えます。

 

【表示名を設定】とは、

HandCash同士でやり取りしたときに

相手と自分に表示される名前を指します。

相手がHandCash以外の場合は表示名は

関係ないと思ってもらって大丈夫です。

 

【資金を移動する】とは、

BETA版を利用していた方が初期設定で

移動しきれなかった場合に使う機能です。

こちらは今回初めてHandCashを使う方

には一切関係ない機能となっております。

 

⑥QRコードスキャン

目の前の相手、もしくは画面越しの

QRコードに対してBSVを送信したい

シチュエーションのときに利用します。

単にカメラが起動するだけですが。。

 

⑦それ以外の送信方法

相手がHandCashを持っているなら

相手のハンドルを入力するだけ、

 

相手がPaymailを持っているなら

相手のPaymailを入力するだけ、

 

相手がただのビットコインアドレス

しか持っていないのであれば、

そのビットコインアドレスを入力

すればBSVを送ることができます。

 

そして、この画面の右上にある

人型のマークをタップすると、

 

友だち追加をすることができます。

 

これは相手のハンドルを知っていれば

電話帳感覚で登録して、ハンドル入力を

次回以降ショートカットできる機能です。

 

この人型マークは憶えておきましょう。

 

以上がホーム画面の各機能紹介でした。

長くなってしまったので、他の機能は

次の記事でまとめたいと思います。

 

次で完結しますので、

次回もお付き合い下さい。

 

ここまで読んで下さり、

ありがとうございました!