日本人の0.001%以下しか持っていない"もうひとつの"ビットコイン

当ブログはBSV(BitcoinSV)を応援しております

あなたの地元の天気をボタンひとつで世界に発信しよう!

んにちは。

 

あなたは天気を調べるとき

何を見て判断していますか?

 

私は今までiPhoneに標準で

インストールされている

アプリを参考にしていました。

 

ですが、最近予報がちょっと

外れることも多く感じており、

なんか他に良いアプリないかなー

と思っておりました。

 

そして最近、tenki.jpという

アプリに乗り換えました。

今のところ問題なく使っております。

 

普段何気なく、ごくごく普通に

ネットやテレビで見ている天気ですが、

その天気を不変の台帳で管理する

サービスが海外では出ております。

 

今日はそのお話をするのですが、

大切なのは天気ガーというよりも、

それによって何が起きているのか?

ということだと私は思います。

 

 

BitcoinSVは安くて速い決済だけが

強みのチェーンではありません。

 

むしろそれなら既存の決済手段で

決済したほうが利便性が高く、

ユーザーもそっちを選ぶでしょう。

 

マイクロペイメントは

BSVの機能のひとつに過ぎず、

最大の強みは不変の台帳であり、

その維持方法だと思います。

 

この不変の台帳に天気の情報を

載せていくサービスなのですが、

その際にトランザクション(=TX)

が発生します。

 

トランザクションとは、

直訳すると【取引】です。

あたなが誰かに送ったり逆に

受け取る1動作が1取引です。

 

このTXには少量ですが

送信側が手数料を上乗せしており、

TXの内訳は送信額+手数料です。

 

このTXを大きなブロックに入れて、

それをマイニングすればマイナーは

高い収益を上げることができるので、

マイニングしたい人や企業が集まり

 

結果的にマイニングの比率が分散して

一極集中が無くなるのでセキュリティ

が高く保てるという構図です。

 

TXが無いと、いくら大きなブロックを

作れる状態にしても意味はありません。

 

逆にTXだけが増え続けてブロックが

小さいままだと、TXの増大に対応できず

ブロックからTXが溢れて送金遅延や

送金手数料の高騰を引き起こします。

 

BSVは開発者たちの努力によって

最大ブロックサイズ2GBという

アップデートに成功しました。

来年には上限が無くなるそうです。

 

そうやってブロックサイズを拡大しても

TXがスカスカであればブロックを

大きくした意味が無いと思います。

 

ですので、TXを発生させるサービスは

とても大切になってきます。

 

前置きが長くなりましたが、

天気を不変の台帳に刻むサービズとは、

 

WeatherSVです!

 

【公式サイト】

https://weathersv.app/

 

まずアクセスすると、

目の前に世界地図が表示されます。

 

f:id:BitcoinSV:20190821150439p:plain

英語だらけで若干引くと思いますが、大丈夫です!

 

①は検索窓です。

あなたが調べたい地域や

データ取得に参加したい地域

を入力してみましょう。

 

②現在の全世界のアクティブな

チャンネル数を示しています。

 

③拡大縮小ができますので、

あなたが気になる地域に絞って

探してみましょう。

 

このサービスの利用手順ですが、

まず前提としてMoneyButtonの

アカウントが必要になります。

 

www.bitcoin-sv.jp

 

まだアカウントを持っていない方は

この機会に作ってみましょう!

 

MoneyButtonが準備できましたら、

①の検索窓から地域を絞っていきます。

その地域のチャンネルが開いていれば

何もすることはありませんが、

 

開いていなければあなたが

チャンネルを開くことができます。

ただし、その場合は開設費が

発生しますのでご注意下さい。

 

※現在は5オーストラリアドルです。

 

このとき、チャンネル開設費の

支払いにMoneyButtonを使います。

 

支払いが完了すると、

その場所がアクティベート(有効化)

されるまで少し待つ必要があります。

 

これはそこそこ時間がかかるので、

一旦WeatherSVのことは忘れて

何か他のことをしていましょう。

 

忘れた頃に戻ってこれば

開設されていると思います。

 

開設されると、その登録場所の

天気に関する情報を閲覧できます。

 

【Forecast】

【Channel Transaction Fund】

 

という2つのマネーボタンが

開設した画面の一番下にありますが、

これらが何なのかは分からないので

知ってる方いましたら教えて下さい。

 

このサービスの仕組みについて

私も正確に把握してはいませんが、

恐らくこうなっていると思います。

 

最初の開設に5オーストラリアドル

かかりますが、これを細切れにして

チャンネル有効残り日数分に分けて、

日々記録をTXとして流しているのかと。

 

ですのでチャンネルが増えると

日々TXが右肩上がりになっていく

のではないかと思っております。

間違っていたらコメントで教えて下さい。

 

ちなみに、今日現在ではBSVのTXの

大多数をWeatherSVで発生させており、

今後TXを生むサービスが出現したときの

先駆け的なサービスだと思います。

 

不変の台帳に天気を刻む意義は

正直私はよく分かっていませんが、

TXを発生させている事実は間違いなく

今後のプラスになっていくと思います。

 

あなたも、地元など縁のある場所、

好きな場所にマネーボタンから

WeatherSVに参加してみませんか?

 

ここまで読んで下さり、

ありがとうございました。